どもりの原因は以下の通りです。 ・環境 ・どもりへの不安 ・病気 子供の頃の生活環境が大きく影響を及ぼすといわれています。 子供のペースを乱すような育て方をするとどもりの原因になる可能性があります。 一度どもってしまうと「またどもったらどうしよう」「恥ずかしい」「嫌だ」「喋りたくない」といった感情が出てきて、不安でいっぱいになるはずです。 その不安が強く現われてしまうと頭を整理できず、どもりが悪化します。 このタイプの人は早口という傾向があります。 病気が原因でどもりを引き起こす場合もあり、代表的なのがてんかん、聴覚機能不全、痙攣性発声障害といったものです。 海外ではこれらの病気もどもりの原因だと考えられています。 どもりの原因は様々なので、これ以外にもたくさんあると思ってください。 その人によってどもりの原因は異なり、未だにどうしてどもりが引き起こされるのかは完全に解明されている訳ではありません。 でも、まずは、どもりの原因を探って、適切な対処法を考えましょう。